ITスクール

もはや学びだけではない。人・企業・情報が集まる、KENスクールという”居場所”

株式会社シンクスバンク

PCスキルや資格取得などを目標に、受講生のキャリアアップをサポートするITスクール。

ITスクール業界各社は今、さまざまなサービスを立ち上げて顧客の獲得に努めており、まさに群雄割拠状態。

その中でも、特におもしろい試みを取り入れようとしているのが、この「KENスクール」だ。

KENスクールでは従来のITスクールとは異なり、人や企業や情報が巡り合う、”出会いの場”として教室運営を行い始めているという。

今回はそんなKENスクールを運営する、株式会社シンクスバンク教育事業部の事業部長・宇佐美順也さんに話を聞いた。

資格取得だけではなく、現場で必要なレベルまで教えてくれる!KENスクールの魅力とは

ー他のITスクールにはない、KENスクールならではの魅力を教えてください。

KENスクールでは、実務まで見越して作られたカリキュラムを始め、受講生であるエンジニアが自立して成長し続けられる人材教育の提供をしています。

従来のITスクールでは、資格取得を目的とする講座を受講生に受けていただき、資格取得のサポートをする、といったものが主な仕事でした。

しかし私たちは、資格取得後の実務に目を向けています。いくら優秀な資格を取得しようと、身につけた知識やスキルを自らの血肉として活用できなければ、意味がありません。

ー資格だけ取っていても、実際に現場で使えなければ意味ないですよね。その実務まで見越したカリキュラムというのは、一体どのように作られているのでしょうか?

シンクスバンクのグループ会社では、ITエンジニアの人材派遣業を行っています。そこで培ってきたエンジニアの育成ノウハウをバックグラウンドにして、カリキュラムを作っています。

またKENスクールでは、実際にエンジニアとして現場で活躍しながら講師を務めるものも多数在籍しています。

カリキュラムだけでなく、現場の最前線で働いているエンジニアが実務レベルで必要なことも教えられるので、常に現場で必要なニーズを提供できるのです。

ITスクールを勉強する場所から、人・企業・情報が自然と集まる場所へ


ー現場レベルで必要なスキルまで得られるKENスクールですが、他に強みはありますか?

最近KENスクールでは教育だけでなく、さまざまな人や企業や情報が集まる”出会いの場”としての機能を徐々に増やしつつあります。

その理由は、ITスクールをただエンジニアとしてのスキルを伸ばすだけの環境にしておくのでは、これから生き残っていけないと思うからです。

インターネットでなんでもできるこのご時世で、そもそも教室に通うことすら必要がなくなりつつあります。

リアルの教室がPCスキルを教えるだけの機能しか持たないのなら、どんどん淘汰されていくでしょう。

その中で生き残っていくにはやはり「その場にいないと得られない体験・価値」を生み出す必要があります。そこで目をつけたのが、人と企業と情報が集まる”出会いの場”としての教室の価値です。

ー人・企業・情報の”出会いの場”として、具体的にはどんなことをしているのでしょうか?

KENスクールで学んでいる受講生や講師や企業がお互いにコミュニケーションができるオフ会を週に1回開催しています。

そこでさまざまな情報の交換が行われたり、場合によってはたまたま居合わせた企業と話していたら、そのままその会社に勤めることになったり、というケースもあります。

ー”出会いの場”としての機能は、あらゆる人にあらゆる面でプラスの働きが生まれそうですね。

そうですね(笑)。
その場所で出た悩みからKENスクールの講座として開設する動きもあります。

例えば、ずっとエンジニアとして活躍していた人が昇進してマネジメントする立場に立った時。

「エンジニアの腕は一流だけど、マネジメントは素人だ」という方って意外と多いようなんです。

そのニーズを捉えて、エンジニア出身のマネージャーがマネジメント基礎の内容について学ぶ講座を用意しました。

その他にも、KENスクール受講生が現役のエンジニアに「現場で活躍するには何を学べばいいか?」といった質問や「これからアツい領域は何か?」といった議論が交わされています。

ー最近では蔦屋書店といったブックカフェで、よくセミナーなどを開催していますが、KENスクールでもそんなイメージでやっているのでしょうか?

まさに、蔦屋書店さんと同じようなイメージですね。

私はKENスクールを「ここに来れば、何かいいことがある」と思ってもらえる、”自然と人が集まる場所“にしたいんです。受講者でもエンジニアでも企業でも、気軽に出入りできる場所でありたいですね。

学びの場であると同時に、おもしろいことが生まれる場所を作りたい

ー”自然と人が集まる場所”としての教室作り、素敵だと思います。さて、その他に力を入れていることはなんですか?

ロボティクスと絡めた出張講義や人材育成ですね。

例えば、大学とKENスクールが組んで人材を育成して、そのまま新卒の採用をサポートしたり、東北の復興支援の一環として現地の中学校に出張講義をしたりしています。

いずれもロボットについての知識を、若年層にも広めることで、将来のエンジニアの育成に少しでも貢献しようと力を入れています。

ー最後に、KENスクールが目指しているビジョンについて教えてください。

やはり従来のITスクールではなし得なかった、人と企業と情報の“出会いの場“としての機能をもっと拡充させたいですね。

「ここに来れば、何かいいことがある」―。学びの場であると同時に、何かおもしろいことが生まれる場所であれたらと思います。

一覧へ戻る

Page Top