内定

就活に新たな選択肢を。新卒向け「就職エージェント」を徹底解説

新卒向けの新たなサービス「就職エージェント」を解説!

「就職エージェント」というサービスを知っていますか?

就職エージェントとは、企業に就活生を紹介する人材紹介サービスであり、新卒にとってとても有効な就活の手段として、徐々に注目を集めています。

現在ではリクルートやマイナビなど、有名企業も就職エージェントを始めており、ますます活発になりつつある同サービス。

それでもまだ聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、これから社会に出ていく就活生に向けて、就職エージェントがどのようなサービスなのかを解説します。

そもそも就職エージェントとは?

冒頭で少し触れた通り、就活エージェントとは「企業に就活生を紹介し、内定・入社に至ったら企業から報酬を受取る」サービスのことを言います。

就活生には、エージェントが無料で自分に適した企業を探してきてくれる、という大きなメリットがあります。

一方の企業にも、エージェントが自社に合った優秀な人材を探してきてくれる、というメリットがあるのです。

また、学生の登録は無料で、内定・入社が決まった時点でエージェントは企業から報酬を受取ることができます。

報酬の金額は企業によって異なりますが、安くて1人50万円、高いところだと数百万円になるところもあります。

このように内容だけを見れば、就活生と企業の双方にとってメリットが多いサービスなのです。

就職エージェントの活用法と内定までの流れ

就活エージェントは、就活生がやらなければならない内定までの作業をサポートしてくれます。

ここからはサービスを実際に利用するとどうなるのか、その一連の流れを【STEP①】〜【STEP⑤】まで、1つずつ説明していきます。

【STEP①】キャリアカウンセリング

就職エージェントのサービスに登録後、始めに60分〜90分のキャリアカウンセリングを行います。

就活アドバイザーが就活生の学生時代の体験や希望する就職先などを聞き入れ、自己分析の手伝いをしてくれます。

それによって就活生の強みや長所が分かり、それぞれに適した職種を見つけ出すことができるのです。

【STEP②】求人企業紹介

キャリアカウンセリングでの内容を踏まえて、就活生に適した企業を紹介していきます。

エージェント経由でないと選考に参加できない優良企業や、一般の就職情報サイトには公開されていない非公開求人の紹介を受けられる可能性があるのです。

それによって受けられる企業の範囲が広くなり、就活生に合った企業を見つけられる可能性が高まります。

【STEP③】履歴書&エントリーシート添削

就活アドバイザーに紹介してもらった求人を受けたい場合は、履歴書・エントリーシートの提出が必要になります。

個人で書いて提出するのが普通ですが、就職エージェントを利用する場合は就活アドバイザーが提出書類の添削や、書類作成を行ううえで押さえておくべきポイントも教えてくれます。

そのため、効率的に書類作成を進めることができるのです。

【STEP④】面接対策

企業の選考前に、就活アドバイザーから面接対策を受けることができます。

就職エージェントの面接対策は、応募している企業に特化した対策となっています。

常識として押さえておくべき基本的なポイントはもちろん、その企業ならではの選考ポイントも教えてくれるのです。

応募している企業の採用担当者は就活生に対して、どのような部分を重要視しているのか。そういった面接のポイントやコツを1から丁寧に教えてくれます。

【STEP⑤】内定・入社までのフォロー

面接の選考を最後まで通過できたら企業から内定を受け、入社となります。

入社までの手続きといった作業も、就活アドバイザーが最後まで手伝ってくれます。

また、もし「入社したくない」という場合は内定を断ることも可能。就活生側としては、ノーリスクで就職エージェントを活用できるのです。

就職エージェントを利用する際に重要な3つのポイント

最後に、就職エージェントをより効率的に利用するために押さえておくべきポイントを3つ説明します。

1.キャリアカウンセリングは企業の面接だと思って臨む

登録後に行われる無料の面談は、もちろん就活エージェント側からすればビジネスとして行っています。

その面談では、「この就活生はどの企業に適しているか」「どの企業の採用担当者が欲しがる学生なのか」を査定しています。

同時に、「この就活生がどの企業の内定なら内定承諾書にサインしてくれるのか」という部分も見ています。

サービスが全てが無料だからといって、軽い気持ちでキャリアカウンセリングに臨んではいけません。

企業の面接だと思うくらいの気持ちで臨まなければ、優良の企業を紹介してもらえなくなり、上手く就活エージェントを利用することができなくなってしまいます。

2.様々な就職エージェントを利用する

新卒エージェントは、1社しか使ってはいけないというルールは一切ありません。

各新卒エージェントは、多くの非公開求人を抱えています。

これが何を意味するのかというと、通常の公開している求人とは異なり、競争倍率が圧倒的に低く、内定が出やすい求人がたくさんあるのです。

このような非公開求人は、三次面接以降まで早い段階で進むことができます。

これらの求人は基本的に、それぞれの就職エージェント間で共有されることはありません。

非公開求人を紹介してもらうためにも、多くの就職エージェントの面接をこなし、同時並行で活用していくことをおすすめします。

3.最終的には自分の意志で入社するか判断する

新卒エージェントは内定が決まった後、その学生に入社してもらわなければ報酬が発生しません。

なので、紹介した企業への入社を必ず促してきます。

しかし、入社したくないのに「断りづらいから入社してしまおう」と、本当の気持ちを押し殺してはいけません。

「最終的に入社するかどうかを判断するのは自分なんだ」という強い意志を持つことが重要です。

断ってもリスクはないので、本当に入りたい思う企業へ入社しましょう。

就活生必見!おすすめの就職エージェント3選

1.リクナビ就職エージェント

リクルートが運営する「リクナビ就職エージェント」は、就職エージェントサービスにおける企業利用数・学生利用数で共に1位を誇る大手です。

文系、理系、留学生、体育会系、地方学生と、学生ごとにグルーピングされていることが特徴として挙げられます。

また、非公開求人を含めて、それぞれの就活生に合った企業を紹介してくれます。

マンツーマンによる面接などの指導を行っているため、1つ1つ丁寧なアドバイスをもらえるところが嬉しいポイントです。

●リクナビ就職エージェント(https://job.rikunabi.com/agent/

2.ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は新卒や既卒、第二新卒におすすめな就職エージェントです。

カウンセリング実績が40,000人以上あり、書類選考の通過率は91.4%、転職内定率は80.4%と、確かな実績を誇ります。

実際に企業内に足を運んた優良求人が多く、求人票を見るだけでは分からない仕事内容や環境も把握しているんです。

また、メールや電話が緊張するという学生でも、ハタラクティブ専用のチャットを使用してやり取りすることができるのも魅力です。

●ハタラクティブ(https://hataractive.jp/

3.DODA新卒エージェント

「DODA新卒エージェント」はベネッセとインテリジェンスの合弁企業である、株式会社ベネッセi-キャリアが運営する就職エージェントです。

社内で厳選して選び抜かれた優良企業や大手企業を紹介してもらえます。

さらに、選考日程や選考回数に独自フローがある「特別枠」を使うことで、最短2週間での内定を獲得することもできます。

もし不採用になったとしても、コンサルタントを通じて企業の合否理由を教えてもらえるので、次の就活に活かすことができるのです。

●DODA新卒エージェント(https://doda-student.jp/

就職エージェントは、今後の就活生の大きな力になる

一般的に利用されている転職エージェントと比べて、まだ知名度が低い就職エージェント。それでも導入している企業が増えていることもあり、今後への期待は増すばかりです。

紹介した通り、特に就活生はノーリスクで活用することができるので、気軽にたくさんのエージェントを利用することをおすすめします。

就職エージェントは、今後の学生の就活において大きな選択肢の1つとなり、理想的な企業への入社を後押ししてくれるはずです。

なので是非、就活をする際には一度試してみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

Page Top