成功する転職

第二新卒は転職の大きなチャンス!“天職”へ導く転職エージェントのメリットと選び方

転職エージェントの活用でキャリアの可能性が広がる!

第二新卒とは、新卒で入社後3年未満の求職者のことを指します。

この記事を読み始めた方の中にも、新卒で入社した会社の退職を決意し、「次こそ納得のいく就職をしたい!」と張り切って、転職活動を始めている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、第二新卒の方が転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイントと、第二新卒向けのエージェントサービスを紹介します。

転職活動を成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒が転職エージェントを利用するメリット

第二新卒は、社会人としての初歩的な知識はありながらも、前職の社風に染まり切っていないため、年々企業からの注目度が上がっています。

一方で、実績やスキルも評価の対象になりうるので、新卒の就活とは若干性質が異なるケースも存在します。

転職エージェントを利用することで、第二新卒での転職を有利かつ効率的に進めることができます。

それでは早速、第二新卒が転職エージェントを利用するメリットを見ていきましょう。

<第二新卒特有の問題が解決できる>

転職エージェントを利用すれば、第二新卒での転職の場合に生じる問題点がクリアできます。

その問題点とは、以下のようなものがあります。

・退職理由を説明しづらい
・仕事の経験が浅く職務履歴書が書けない
・志望動機が作れない

プロの転職エージェントは、退職理由や志望動機の膨らませ方、そして実績がない場合の職務経歴の説明方法といったノウハウを、かなり蓄積しています。

第二新卒の転職では「なぜ、数年で退職したのか?」「この人はすぐに辞めるのではないか?」という疑問に説得力のある回答ができなければいけません。

面接官に見せる前に、多くの失敗ケース・成功ケースを知っている転職エージェントからの客観的な視点で判定してもらうと、間違いなくクオリティが高まります。

<非公開求人には大手の優良企業が多い>

転職エージェントでは、一般の求人サイトには出回っていない非公開求人を紹介してもらえます。

自分だけでは出会えない求人情報を知ることができるため、選択肢が増やせるのは大きなメリットです。

さらに重要なポイントは、「大手企業の第二新卒採用は転職エージェント経由の非公開求人として募集されることが多い」ということ。エージェントは転職市場に出回っている求人より優良な求人を抱えていることが多いのです。

実際に第二新卒で転職エージェントを利用した方の多くが「大学生の時の就活より圧倒的に楽で、チャンスも多かった」と転職活動を振り返ります。

また、エージェントによっては未経験の仕事に転職できるよう、無料で研修プログラムを提供している会社もあります。

なので、未経験の職種への転職に不安を持つ方でも、スキルを身に付けた上で転職活動を行うことができるのです。

自分に合う転職エージェントを選ぶための3つのポイント

転職エージェントを初めて利用する第二新卒者は、どのエージェントサービスを選べばいいのか分からない方が多いはず。

ここからは、第二新卒者が知っておきべき、自分に合う転職エージェントを選ぶためのポイントを3つ紹介します。

1.大手総合転職エージェントに3社以上登録する

転職エージェントは、業界を横断して大量の案件を持つ「総合転職エージェント」と、業界や対象とする層を絞って専門的に案件を持つ「特化型転職エージェント」の2つに分けられます。

それぞれのタイプでメリット・デメリットがそれぞれなので、合計3社は登録するようにしましょう。

総合転職エージェントと特化型転職エージェントのメリット・デメリットは以下のようになります。

<総合転職エージェント>

【メリット】
・業界を横断して最大10万件以上もの案件を保有
・あなたが今いる業界外の可能性を提案してくれる

【デメリット】
・業界特有の知識には弱い傾向がある

<特化型転職エージェント>

【メリット】
・業界出身のコンサルタントが多く、知識が豊富にある
・業界特有の面接対策を提供してくれる

【デメリット】
・特化型転職エージェントは中小企業が多く、案件数が少ない
・案件が少ないため、手持ちの求人を押し付けられてしまうケースがある

2.特化型転職エージェントに登録する

特化型エージェントは、業界の経験者が在籍するケースが多く、情報収集や面接対策には大変効果があります。

その一方で、保有案件の全体数がどうしても少ないため、最終的には総合転職エージェントで転職するケースが多いです。

なので、特化型エージェントはうまく情報収集をするために活用することをおすすめします。

特に志望業界が特定できていない方は、総合エージェントだけでも構いません。

3.自分と合う担当コンサルタントにしぼる

転職エージェントを選ぶ際には、会社の知名度やインターネットでの口コミや評判だけでなく、実際に担当するキャリアコンサルタントが優秀かどうかを自分で確かめることがポイントになります。

どんな担当者が当たるか分からないので運次第なところもありますが、何件か求人を紹介してもらい「この人とは合わないな」と感じたら、担当者を変更してもらうことが可能です。

転職活動を進めるうえで必要なサポートを受けられないようなキャリアコンサルタントであれば、早目に見切りをつけ、優良な転職エージェントに絞ることが効率的な選び方と言えます。

第二新卒が使うべき転職エージェント6選

上述で紹介した総合転職エージェントと第二新卒特化型転職エージェントをそれぞれ3社ずつピックアップしました。

どこに登録するか迷った場合、総合転職エージェントから1〜2社選んだあと、自分の経歴・スキルに合わせて数社登録してみてください。

<総合転職エージェント>

1.マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、新卒No.1メディアの「マイナビ」を運営する総合転職エージェントです。

多くの人気企業が新卒採用で「マイナビ」を使うことから、第二新卒の転職に関しても実績を急拡大しています。

当エージェントでしか第二新卒の募集を出していない最大手人気企業も多数存在するので、第二新卒で大手を志望する方は利用することをおすすめします。

ハイキャリアや30代の方の転職には決して強いとは言えませんが、第二新卒の転職であれば間違いなく頼りになる存在です。

●マイナビエージェント(https://mynavi-agent.jp/

2.DODA

「DODA」は、業界最大手のパーソルキャリアグループが運営する総案件数No.2の総合転職エージェントです。

メインターゲットを第二新卒者としており、第二新卒向けの求人案件も数多く取り扱っているので、大手の中でもおすすめのエージェントになります。

DODAは最新のAI技術を駆使し、登録した転職希望者の経歴や志向を元に適切な転職者にターゲットを絞って求人を表示する機能を持っています。

これにより転職時のミスマッチを減らすだけではなく、まだ知らない企業を知ることができるのです。

また、登録した内容やDODA内の閲覧した求人履歴などに基づいて精度の高いレコメンドをする機能もあります。

なので転職者側も効率的にかつ、優良企業に出会い安くなっているのでおすすめです。

●DODA(https://doda.jp/

3.リクルートエージェント

「リクルートエージェント」も業界大手の転職エージェントで、転職者の8割が利用するほど高い人気を誇るエージェントサービスです。

取り扱っている求人の75%が非公開であり、その数はズバリ10万以上。他を圧倒する求人数があり、実績No.1を誇るサービスが受けられるのは心強いです。

ですが、第二新卒向けの求人数は上記で紹介したの2つのエージェントよりもやや少ない部分があります。

ただし、サポート内容は総合的に良く、面談や求人紹介はもちろん、セミナーも多く実施しています。

求人数や情報量はトップレベルなので、登録しておくべきエージェントと言えます。

●リクルートエージェント(https://www.r-agent.com/

<第二新卒特化型転職エージェント>

4.ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は、第二新卒や既卒といった若い層をターゲットにした特化型転職エージェントで、第二新卒特化型としては最大手です。

1000件以上の案件があり、キャリア相談、職務経歴書や面接対策についての徹底したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という優れた実績を持っています。

「違う職種で新たに挑戦したい」「これから正社員に挑戦してみたい」と考えている第二新卒の方にはおすすめのエージェントです。

自分の経歴に自信がない方でも、今後のキャリアプランや希望を相談し、客観的なアドバイスをもらうことで、面接時にしっかりと自己アピールできるよう特訓してもらうことができます。

コンサルタントの質が安定しているので、まずは「そもそも転職するべきかどうか」「今より良い会社に転職できるのかどうか」を相談してみましょう。

●ハタラクティブ(https://hataractive.jp/

5.第二新卒AGENTneo

「第二新卒AGENTneo」は、ネオキャリアが運営する第二新卒専門の転職エージェントです。

第二新卒の採用に積極的な企業を紹介してもらえるのはもちろん、第二新卒の転職に詳しいキャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書の作り方、面接準備まで徹底的にサポートしてくれます。

加えて、エージェントが企業を実際に訪問し、「社会保険はしっかりと完備されているか」「若手を育てる環境が整っているか」「離職率が高くないか」といったことを調査し、紹介する企業を厳選しているのです。

もし「未経験の職種に挑戦したい」という方でも、「未経験可」の求人案件を多く取り扱っているため、経験やスキルをあまり気にかけることなく転職活動に取り組めます。

●第二新卒AGENTneo(https://www.daini-agent.jp/

6.いい就職.com

「いい就職.com」は、第二新卒の転職において国内最大級の転職サイトです。

ここでは選考を受ける前に、専門のアドバイザーから選考を希望する会社の詳しい説明を受けることができ、丁寧な面接対策もしてもらえます。

また、同サイトを運営する「ブラッシュアップ・ジャパン株式会社」は、「第二新卒を含む若手求職者に相応しい求人のみを扱う」というポリシーを持った会社です。

なので、離職率の高い会社の案件や、雇用が不安定な会社の案件は一切扱っていません。

第二新卒の転職に特化したノウハウを持ち、若手求職者の将来をしっかり考えてくれるサービスなので、安心して利用することができます。

●いい就職.com(https://iishuusyoku.com/

エージェントサービスを利用して、転職のチャンスを摑み取ろう!

第二新卒での転職は大きなチャンスであり、あなたのキャリアを変える大きな転機です。

「第二新卒を採用したい!」と積極的に手を挙げる企業は年々増えており、転職には良いタイミングと言えます。

だからこそ、ポイントをしっかり押さえて転職活動を行えば、失敗を回避することは難しくありません。

まずは、自分が今後何をやりたいのかをじっくり考えてください。

その上で、本当に転職が必要と判断したら、複数のエージェントサービスを利用し、「本当に行きたい会社」を探していきましょう。

また、「キャリアノート」を提供している「IODキャリア(https://www.iod-career.co.jp/)」も新卒・第二新卒の転職エージェントです。

もし第二新卒の方で、自動車・電気製品などの「ものづくりエンジニア」、Web制作・ソフトウェア開発などのIT業界の「ITエンジニア」の転職などを考えているならば、ぜひ一度ご相談ください。

一覧へ戻る

Page Top